RECRUIT
採⽤情報
CGデザイナー

大津留 拓

2013年度⼊社
Qこの仕事を選んだ理由は何ですか?
CGに興味を持ったきっかけは映画でした。専門学校でCGを学んでいく間にどの業界を目指そうか考え、クオリティの高いCGを作りたいと考えていたので、日本のCGでクオリティの高いのを作れるのはCMではないかと思い、この業界を選びました。
Q⼊社⼀年⽬はどんな感じでしたか?
仕事の流れや今まで触れていなかったソフトウェアなど、とにかく覚えることが多くて大変でしたが、先輩方からの指導もあり、少しずつではありましたが仕事を覚えていくことが出来ました。
Q今はどういう仕事をしていますか?
アシスタントデザイナーからメインのデザイナーとなって、1本の仕事をメインで担当するようになりました。後輩のアシスタントへ指導をしたりといったこともするようになりました。最近はVR等の新しい表現の映像も手掛けています。
Q職場の雰囲気はどんな感じですか?
パーティションの無い作業スペースで、気軽に隣の人に話しかけられたりと、コミュニケーションがスムーズでとても過ごしやすいです。お昼休みには一緒にご飯を食べに行ったり、忙しい時期にはお互いの仕事をサポートするなど、とてもチームワークの良い職場だと思います。
Q仕事の面白さはどういったところですか?
CMに限らず、様々な案件に関わることが出来ることです。基本的に分業制ではなくそれぞれのデザイナーがジェネラリストとして、モデリングからコンポジットまで一連の作業をするので、自分の力で1つの映像を仕上げる面白さがあります。
Q仕事をしてうれしかった事は何ですか?
自分の関わった作品が実際にテレビで放送されているのを見た時はとても嬉しいです。テレビアニメの作品に携わった時にはエンドロールに自分の名前が載り、友人や家族に自慢したくなりました。
Qこの仕事で大切だと思うことはなんですか?
新たな表現の映像を作るには、新しい知識や多くの引き出しが必要になってきます。日々最新の情報にアンテナを張って、常に勉強をし続けることが大切だと思います。CGの技術の進歩はとても速いので、少し情報収集を怠るだけであっという間に置いて行かれてしまいます。
Q将来、どんなスタッフになりたいですか?
海外でも通用するような高いクオリティのCGが作れるようになりたいです。フォトリアルを追求し、実写との区別の付かないレベルを目指しています。
Q学生時代にやってたことで、仕事に役立っている事は何ですか?
一眼レフカメラを買って、カメラの勉強もしていました。カメラの知識はCGで映像を作る際にも通ずる所が多く、知っていると大きなアドバンテージになると思います
Q休日は何をしてますか?
カメラを持って写真を撮りに行ったり、映画館へ行って映画を見たりしています。
Qこの仕事を目指す学生へひとことお願いします。
仕事としてCGをやっていくには、大変な事や辛い事も多いですが、それでもCGが「好き」という気持ちさえあれば乗り切れます。好きなことを仕事にすることで毎日が充実しますし、楽しく働くことができるので、「好き」という気持ちがあるならば、是非この業界へ足を踏み入れてみてください! 技術や知識等は仕事を始めてからでも後から付いてきますので、まずは挑戦してみることが大切です。

他の社員を知る

INTERVIEW
D.I.T

板井 哲洋

2016年度⼊社
INTERVIEW
ビジネスマネージャー

服部 智徳

2018年度⼊社
INTERVIEW
プログラマー

金髙 遥

2018年度⼊社
INTERVIEW
CGデザイナー

大津留 拓

2013年度⼊社
INTERVIEW
MAミキサー

中根 渉

2016年度⼊社
INTERVIEW
コンポジター

丸山 賢人

2014年度⼊社
INTERVIEW
カラリスト

川村 尚寛

2016年度⼊社
INTERVIEW
グローバルサービス

遠藤 りさ

2018年度⼊社
INTERVIEW
エディター

須藤 百⾹

2017年度⼊社
採用情報TOPへ戻る